放っておいた虫歯が酷くなり抜歯する羽目に

私がちょうど大学生の頃。少々の痛みや違和感があったものの、歯医者での治療の苦しさが嫌でひたすら我慢し続けていたのですが、ついにその時が訪れてしまいました。

夕食時に硬い食べ物を噛んだ際、右下の奥歯の方でガリっと嫌な感触がしたかと思ったら、その直後に口の中から出てきたのは前回虫歯を治療した際に詰めたかなり大きな銀の部分。どうやら銀と従来の歯の境から新たな虫歯が進行し、銀との接着部分がゆるゆるとなってしまっていた様でした。

当然その直後から奥歯にぽっかりと大きな穴が空いてしまい、痛みも一層酷くなってしまったので、とうとう我慢出来ずに歯医者へと駆け込む事になったのです。

レントゲン等も交えて診察してもらった結果、根の方まで侵されてしまっているらしくいっその事抜歯してしまった方が良いとの事。もちろん言われるがままに治療を受けるしかなかったのですが、苦しかったのは残っていた神経を抜く作業。正常であればそれ程でも無いのでしょうが、ちょうど虫歯菌が到達し強く炎症を起こしてしまっていたらしく、かなり痛い思いをしなければなりませんでした。

結局抜歯した後は大きな間隙となってしまったのですが、その後ろの歯が前方に出てきてある程度フォローしてくれるとの事で、本格的な根幹治療や差し歯挿入は行いませんでした。

現在はその予想通り後ろの歯が出てきて何とか咀嚼は出来るものの、隙間は残り食べ物が詰まる等のトラブルは良く起きます。永久歯は大事に扱わないといけないと痛感したものでした。

PR|吹田No.1評判の歯周病の審美歯科