意外な落とし穴!歯の詰め物にも寿命がある

皆さんは幼い頃、虫歯の治療で歯に詰め物をしてもらったという経験はないですか?筆者は二度くらいあったと思うのですが(ちゃんと歯磨きをしておけばよかった…)、実はそんな詰め物、寿命があるのです!

 

一般的には金属、もしくはレジンが使われるのですが、金属ですとおおよそ5年前後、レジンの場合は10年前後が寿命と言われています。しかし歯のメンテナンス状況などにより大きく前後しますので、去年治療したばかりだから安心、というわけではありませんよ!また詰め物だけでなく銀歯などの被せ物も寿命があり、おおよそ5~7年くらいと言われています。

 

万が一詰め物が取れてしまった状態を放置すると、虫歯が進行して歯の神経を取らなくてはいけなくなったり、歯肉炎や歯並びが悪くなるリスクが高まったり…ということが考えられます。

 

もし虫歯治療の経験があって、今歯医者さんに定期的に通ったりしていないという方は、ふとしたときに詰め物がとれてしまうといったトラブルに合う前に定期的に歯医者に通って歯のメンテナンスをすることをオススメします。私は自宅でもホワイトニングを行っています。

カテゴリー: 歯医者 パーマリンク